大阪DX推進プロジェクト

経営課題から企業変革を
DX実現に向けたサポート

Digital Transformation

News

お知らせ

  1. 【DX事例】BTO様のDX事例を公開しました

  2. 【DX事例】エムジェイテック様のDX事例を公開しました

  3. 【DX事例】多田プラスチック工業様のDX事例を公開しました

  4. 【募集開始しました】IoT・AI・ビッグデータを活用する!今こそ知るべき中小企業DXの捉え方とはじめの一歩

  5. 【DX事例】中田製作所様のDX事例を公開しました

  6. 【DX事例】サンコー技研様のDX事例を公開しました

  7. 【募集開始しました】<セミナー>中小製造業向け 画像認識による外観検査の基礎と活用ポイント

  8. 【募集開始しました】知ってるつもりのWEBマーケティング -実践に向け基礎からもう一度-

  9. 【募集開始しました】バックオフィスのDX―人とデジタルが共存する働き方―

  10. 【募集開始しました】今日から始めるデジタルマーケティング『クラウドファンディングの光と影』

  11. 【募集開始しました】今日から始めるデジタルマーケティング-SEOの取り組み方実践編-

  12. 【募集開始しました】<連続講座>ものづくりDX・生産システムや自動化設備導入の基礎

  13. 【募集開始しました】はじめよう、新しい働き方-カルチャーの変革とデジタル活用-

  14. 【募集開始しました】即実践できる事務業務の初級DX!小さくはじめる経営改革

  15. 【募集開始しました】<セミナー>今日から始めるデジタルマーケティング ー中小企業のDXは難しくないー

  16. 大阪府内中小企業向けDX推進大型イベント「D×(ディーカケル)」

  17. 【募集開始しました】<セミナー>中小製造業のDXとは

  18. 【募集開始しました】デジタル社会を生きぬく組織と個人を育てる-中小企業におけるデジタル人材育成-

  19. 【募集開始しました】今さら聞けないDX 10年後に中小企業が生き残るためのデジタルの捉え方

  20. 大阪DX推進プロジェクト WEBサイトをオープンしました

DX実現による
企業アップデート

企業経営において、時代の変化に合わせた柔軟な対応が求められている中で、DX(デジタルトランスフォーメーション)は企業変革の推進力であり、生産性向上・コストカットをはじめ、新しい価値の創造を期待されています。
DXと聞くと「難しそう」と思われがちですが、クラウドサービスを導入し、業務効率を図ることも一種のDXです。
大阪DX推進プロジェクト(OBDX)では企業の変革を求める強い気持ちがある中小企業の皆さまのDXをサポートします。

こんなことで悩んでいませんか?

  • IT・デジタルで解決したい課題があるけど、どんなツールがいいかわからない
  • ITに詳しい人材がいない
  • DXを推進する上で何から手をつけたらいいかわからない
  • DXを推進する際の課題や留意点を教えてほしい

そのお悩み、OBDXなら解決いたします!

Case

DX事例紹介

  • デジタルマーケティングに挑戦
    株式会社BTO【カーケア用品開発・販売】

    自動車メーカーやディーラー向けに、カーコーティングシステム、カーケア用品などを販売しています。2016年頃から新しい商流としてECにチャレンジしてみようということになり、アマゾンの通販サイトにターゲットを絞って撥水コーティング剤などのカーケア用品を販売し始めました。最初は私を含めた4人のスタッフが本業との兼務で運営していましたが、ある時期から売上が頭打ちになってしまいました。そこで「ここから先はプロの力が必要だ」と思ったんです。

  • 1部署から段階的にDXを推進
    多田プラスチック工業株式会社【製造業】

    技術やニーズは時代によって変化するもの。変化には変化で対応しなければなりません。信頼性の高いものづくりを進めるため、持つべき武器の一つとしてデジタル化、DX推進が必要だと思いました。

  • 株式会社エムジェイテック【製造業】

    当社は多品種少量の注文が多く、従来は場当たり的に人員を投入していました。しかし、納期は変わらないのに予告なく製品が途中で切り替わってしまったり、キャパシティを大きく超えた依頼があったり、人の力だけでは対応できない状況になっていたんです。そういった不確実な受注に対して効率的に生産を進められるよう、IoTを使った改善ができないかと思いました。

  • DX成果をアプリ化して販売
    株式会社サンコー技研【製造業】

    当社は、2000年頃から交通系ICカードの内部基盤の打ち抜き加工に携わってきました。交通系ICカードは、お金代わりになるという製品の特性上、仕事の記録帳票や作業日報の保管管理期間が10年間と義務付けられています。そのため以前は、段ボールに詰めた紙帳票を貸倉庫に保管していました。その維持管理コストがかかること、また徐々に他のお客様にも「作業の記録をデータで送ってほしい」と要望されるようになってきたことから、作業日報のペーパーレス化をめざすことにしました。

  • 工程の可視化で社内が活性化
    株式会社中田製作所【製造業】

    当社が1つの図面から作る製品は、1個~数個。不定期で同じ仕事を依頼されることもあります。多品種の製品を扱うため、管理する図面の量は膨大。前に使った図面を探す作業がまず大変でした。そこで2003年頃、図面をPDF化し、過去の製品を検索できるシステムをつくりました。それがDX推進の始まりです。

今後、DXを実現していく上では、デジタル技術を活用したビジネス変革のために経営戦略や経営者による強いコミットメント、それを実行する上でのマインドセットの変革を含めた企業組織内の仕組みや体制の構築等が不可欠です。
ただ、DX実現と言ってもビジネスモデルを踏まえた取り組みになり、各社各様ですので、まずはDX実現について気になること・導入時の留意点や導入の流れなど、DXをご検討される前にぜひお気軽にご相談ください。

PAGE TOP